日本に入国する際、外国人の方は何らかしらの在留資格を取得して入国します。

在留資格は日本で行う活動内容ごとに決められていますが、日本に滞在中活動内容が変わることがあります。

関連記事在留資格一覧

そんな時に必要な手続きが在留資格の変更になります。

ここでは在留資格の変更について書いていきます。

在留資格の変更とは?

在留資格の変更とは、在留資格を有する外国人が在留目的を変更して別の在留資格に該当する活動を行おうとする場合に、法務大臣に対して在留資格の変更許可申請を行い、従来有していた在留資格を新しい在留資格に変更するために許可を受けることをいいます。

例えば「留学」の在留資格を持っていた外国人がの日本の大学を卒業して日本の企業に就職する場合は「人文知識・国際業務」等に在留資格の変更を行います。

お問い合わせ

メールでの相談は無料です。

外国人の在留資格や国際結婚など、外国人に関することならお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。