日本にいる外国人の方は在留資格を取得し、決められた在留期間内で日本に在留しています。

しかし、中には不正に日本に入国していたり、在留期間をすぎて日本に在留している外国人の方がいらっしゃいます。

ここではオーバーステイ(不法滞在)のことを書いていきます。

オーバーステイとは

オーバーステイとは不法滞在のことをいいます。

不法滞在には大きく分けて2種類あります。

  • 不法に日本に入国している(不法入国)
  • 適切な在留資格を取得しているが、在留期間をすげぎてしまっている(不法残留)

在留期間を一日でも過ぎて日本にいると、オーバーステイの状態になってしまいます。

オーバーステイしてしまうと退去強制事由に当てはまってしまうので、逮捕されたり起訴されることがあります

刑事処分として3年以下の懲役若しくは禁錮又は300万円以下の罰金が科せられることがあります。

オーバーステイすると即刻強制退去?

オーバーステイをしてしまうと必ず本国に帰らなくてはいけないわけでなく、相応の事情がある場合には法務大臣から特別に許可をされれば、そのまま日本に滞在することが出来きます。(在留特別許可制度

お問い合わせ

メールでの相談は無料です。

外国人の在留資格や国際結婚など、外国人に関することならお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。