長く日本に在住している外国人の方や、永住権を持っている外国人の方で帰化をしたいという方がいらっしゃいます。

帰化という制度は在留資格の更新や、日本を出国した際の再入国の手続きがなくなど様々なメリットがあります。

ここでは帰化について書いていきます。

帰化とは

帰化とは外国人が日本の国籍を取得することです。

複数の国籍を取得できる国もありますが、日本では複数の国籍を持つことができませんので、帰化をして日本国籍を取得した外国人は外国の国籍を失うことになります。

帰化をすると、国籍上日本人になりますので在留資格などは必要なくなります
在留資格が必要にならないということは、在留資格の更新もありませんし、日本を出国しても再入国の手続きはいらなくなります。

関連記事再入国許可

また選挙権や被選挙権を持てますので、選挙で投票したり、立候補することもできます。

帰化をするためには、法務局に申請をします。

帰化はだれでもできるの?

帰化をすることは外国籍の方が、日本人になるということです。

ですので誰でも日本に帰化できるというわけでなく、いくつか条件があります。

帰化の条件

帰化をするには以下の基本条件を満たす必要があります。

  • 引き続き5年以上日本に住所を有すること
  • 20歳以上で本国法によって能力を有すること
  • 素行が善良であること
  • 自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること
  • 国籍を有せず、または日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、またはこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。
お問い合わせ

メールでの相談は無料です。

外国人の在留資格や国際結婚など、外国人に関することならお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。