通常、外国人が日本に入国するには海外にある在外日本公館からビザ(査証)の発給をうけて日本に入国します。

しかしビザ(査証)の発給は時間がかかります。
そんな時に役立つのが在留資格認定証明書です。

このページでは在留資格認定証明書の詳細を書いていきます。

在留資格認定証明書とは

在留資格認定証明書とは日本にある入国管理局が日本に入国、在留を希望する外国人が行う活動がそれぞれの在留資格の条件に適合しているかどうかを事前に審査し、その条件に適合すると認めた場合に発行する書類です。

簡単に言えば、在留資格認定証明書は日本国が海外にある日本の大使館や領事館に対して、この外国人は日本に入国しても大丈夫という推薦状の役割がある書類です。

在留資格認定証明書があると海外の在外日本公館が発給するビザ(査証)の発行や、日本に上陸した際の上陸審査がスムーズになります。
短期滞在以外で入国する外国人はほとんど在留資格認定証明書を取得して入国しています。

下記は外国人が日本に入国するまでの手続きチャートです。

参照元:外務省ホームページ

在留資格認定証明書には有効期限がある

在留資格認定証明書の有効期間は3カ月ですので、交付を受けてから3カ月以内に入国(上陸の申請)をしなければ無効となります。

お問い合わせ

メールでの相談は無料です。

外国人の在留資格や国際結婚など、外国人に関することならお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。